奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

解決事例一覧

遺言書作成

法定相続人がいないので、公正証書遺言を作成、本人の死亡後に弁護士が遺言執行をした事例

●背景   Aさんは配偶者や子供がなく老人介護施設で暮らしておられました。健康面に不安があったのですが、直系の相続人がいないので遠い親戚にあたる複数の人に世話になっていました。Aさんは、お世話になっている方々に財産を遺贈 […]

詳しく見る

任意後見

高齢の女性と任意後見契約。死亡後は弁護士として、円満な遺産相続を執行した事例

●背景   高齢の女性(Aさん)が、高齢者施設に入居していました。Aさんは自分の財産管理や死後の相続についてどのようにしたらよいか悩み、口座のある金融機関に相談されました。相談を受けた金融機関は当事務所の弁護士を紹介しま […]

詳しく見る

その他

一人暮らしの高齢の女性の財産管理を行い、弁護士としてトラブル発生を防いだ事例

●背景   高齢の女性(Aさん)が、体が不自由になり、地域の福祉団体による金銭管理サービスを受けていました。しかし、財産の金額が大きいため、その福祉団体は弁護士会に専門家としての弁護士の紹介を依頼しました。弁護士会は当事 […]

詳しく見る

その他

認知症に近い女性の娘が弁護士に相談。保佐人に選任され財産管理が可能になった事例

●背景   Aさんは夫が死亡した後、一人暮らしをしていました。徐々に認知症の症状が出て、病院で投薬治療を受けていましたが、物忘れが激しく、意志疎通が難しくなってきていました。   近くには、長男(Bさん)夫婦が住んでいま […]

詳しく見る

その他

兄弟間の遺産分割協議が進まず、弁護士が入り、金融機関からの払い戻しを受けた事例

●背景   Aさんは3人兄弟の長男でした。父が死亡したことで、相続が発生しましたが、三男(Bさん)との折り合いが悪く、遺産分割の協議ができませんでした。     遺産の中には金融機関の預金が含まれており、Aさん […]

詳しく見る

成年後見

事故で植物状態になった女性の成年後見人の監督人として、損害賠償金の管理を執行した事例

●背景   30代の女性(Aさん)が事故にあって植物状態となり、高額の損害賠償金を受け取りました。Aさんの家族が成年後見人になって、Aさんの財産の管理をしていました。   ●弁護士の関わり   Aさんの財産が高 […]

詳しく見る

成年後見

高齢で認知症の男性の成年後見人に就任。適正に財産管理を執行している事例

●背景   高齢の父親(Aさん)が認知症になり、判断能力がなくなりました。それに乗じて、近所に住んでいる次女(Bさん)が、父の財産を使い込むおそれがあり、長女(Cさん)が当事務所の弁護士に相談に来られました。 &nbsp […]

詳しく見る

遺言執行

自筆証書遺言の執行者に選任され、遺言の執行をした事例

●背景   Aさんの母親のBさんが死亡した時、Bさんの自筆証書遺言が残されていました。遺言書は、遺産の殆どをAさんに遺贈すると明記していましたが、弟のCさんは納得しがたいようでした。   ●弁護士の関わり    […]

詳しく見る

遺言執行

自筆証書遺言を、弁護士が内縁の妻と相続人の娘二人で検認。円満に相続が完了した事例

●背景   内縁の妻(Bさん)と二人で暮らしていたAさんが死亡し、自筆証書遺言が出てきました。Bさんはどのように遺言書を取り扱うかを弁護士に相談し、この件の処理を弁護士に委任されました。   ●弁護士の関わり […]

詳しく見る

遺言執行

弁護士として委任され、公正証書遺言に基づき遺言を執行。不動産の相続登記も実行した事例

●背景   男性が公正証書遺言を残して死亡され、遺言執行者に委任されていた弁護士に連絡がありました。   ●弁護士の関わり   遺言は公正証書として作成されているので、法的拘束力があります。遺言執行者はその内容 […]

詳しく見る

遺言書作成

自分の相続については揉め事をなくそうとして、公正証書による遺言を作成した事例

●背景   Aさんには3人の子供がいましたが、介護を受ける状態になられ、先のことを考えて公正証書によって遺言を残そうと考えられました。ご自身は、子供がいなかった姉の遺産相続を巡って兄弟、親族の間での調停を経験されていまし […]

詳しく見る

遺言書作成

不治の病を自覚して公正証書遺言を作成し、遺産相続での混乱や争いを防止しようとした事例

●背景   Aさんは病気で入院し、余命が長くないことを自覚されました。Aさんには娘が二人(Bさん、Cさん)いて、Cさん家族と同居しています。Bさんは結婚して家を出ていますが、これまでに事業の費用や土地の購入、生活費などで […]

詳しく見る

遺言書作成

苦労した娘に全財産を遺贈する内容の公正証書遺言を弁護士と共に作成した事例

●背景   Aさんは妻の死亡後に再婚しました。再婚した妻はAさんの財産の1/2の権利を主張するようになりました。Aさんとしては、現在居住している土地・建物や年金・預金などは先妻と娘さんと苦労して築きあげたものなので、自分 […]

詳しく見る

遺言書作成

遺産を巡って子供達の間に争いが起こらぬよう、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

●背景   Aさんには子供が二人いて、長男夫婦と同居していました。娘は結婚していて別に生活していました。Aさんは、妻の死亡後に自分を引き取ってよく世話をしてくれている長男夫婦(Bさん夫婦)に多めに遺産を相続させたいと思い […]

詳しく見る

遺言書作成

世話をしてくれている親族に遺産を相続させたいので、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

●背景   Aさんは夫にも子供にも先立たれ、一人暮らしをしていましたが、病気がちで姪(Bさん)に身の回りの世話をして貰っていました。体調を崩して入院したあと介護施設に入所したAさんは、面倒をみて貰ったBさんに自分の財産を […]

詳しく見る

相続放棄

20年余り音信不通であった叔父の固定資産税を支払うよう地方自治体から通知があり、 弁護士が相続放棄の手続きを遂行した事例

●背景   ある地方自治体から、Aさんに叔父であるBさんの不動産の固定資産税・都市計画税を支払うよう通知が送られてきました。Bさんは10年以上前に死亡し、その後固定資産税・都市計画税はBさんの妻のCさんが支払っていました […]

詳しく見る

相続放棄

子供の時に離別した実父の相続債務通知が届き、弁護士が相続放棄の手続きを遂行した事例

●背景 Aさんが子供の頃、両親が離婚し母親に育てられ、実父とは音信不通でした。突然、相続債務通知が自宅に届き、初めて実父が死亡した事と、債務があることを知りました。Aさんは、数十年も音信普通だった実父の債務を相続すること […]

詳しく見る

相続放棄

死亡した男性の相続放棄の手続きを弁護士が行い、相続人が負債を負うことを防いだ事例

●背景   Aさんは、離婚をした夫が急死し、元夫側の親族より、借金やローンが残っていることを伝えられました。Aさんは相続についてどのようにすればよいか全くわからず、当事務所に相談に来られ、この件の解決を弁護士に依頼されま […]

詳しく見る

相続放棄

死亡した夫に借金があり、妻が相続放棄をした事例

●背景   Aさんの夫(Bさん)が死亡しました。Bさんは宅地・田畑・山林を所有していましたが、これらはBさんと先妻の間の長男が相続することになっていました。Bさんには金融資産はほとんどなく、銀行ローンや消費者金融への債務 […]

詳しく見る

相続放棄

音信不通であった兄の相続人となり、遺産相続を放棄した事例

●背景   AさんにはBさんという兄がいました。Aさんは、Bさんとは長い間音信不通で、Bさんがどのような生活をしているかも知りませんでした。     ある日、警察から連絡があり、Bさんが自宅のアパートで死亡した […]

詳しく見る

遺留分減殺請求

遺産の全額を兄に相続させるとの遺言書が病院で作られ、遺留分を請求して相続した事例

●背景   次男であるAさんの父親が病院で亡くなりましたが、死亡の半月前に父親の遺言が集中治療室において口授で作られていました。(危急時遺言)   この遺言書作成は長男であるBさんが主導していて、Aさんは何も知らされてい […]

詳しく見る

遺留分減殺請求

遺産の全額を姉夫婦に相続させるとの公正証書遺言に対し、遺留分を請求して相続した事例

●背景   Aさんの父親が亡くなり、遺言執行者である弁護士からAさんに連絡がありました。弁護士から送られてきた公正証書のコピーには、全財産を父親と同居の長姉夫婦(Bさん、Cさん 夫のCさんは養子縁組により相続権者)に相続 […]

詳しく見る

遺産分割(裁判)

相続人が遺言書を無視したので、弁護士が裁判により遺贈を受けた兄弟姉妹の権利を守った事例

●背景   女性が、2億円を超える資産を持っていましたが、病気で死亡しました。女性は、兄弟姉妹(法定相続人ではない)へそれぞれ200~300万円ずつを遺贈する内容の自筆の遺言書を残していました。   しかし、女性の子2人 […]

詳しく見る

遺産分割(裁判)

父親の相続財産はないと主張する義母に対し、裁判に訴え財産分与を取得した事例

●背景   Aさんの父親が亡くなりましたが、遺言書はなく、別居していたAさんには父親の財産は不明でした。Aさんの実母はすでに死亡していて、父親の再婚相手である義理の母親(Bさん)は父親の財産はないと主張し、遺産分割に応じ […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

父親の遺産相続を巡り姉との話し合いができず、弁護士が入り調停で遺産分割協議が成立した事例

●背景   Aさんは、父親が亡くなった後、姉であるBさんと遺産分割協議が進まず、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てようと思い、当事務所に相談に来られました。弁護士のアドバイスを受け、Aさんは自分で調停を申し立てられまし […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

叔母と甥の間に弁護士が入り、叔母の寄与分を適正に評価し、遺産分割協議が成立した事例

●背景   高齢の女性が死亡し、長女の子(甥のAさん)と次女(Aさんの叔母のBさん)が相続人となりました。Bさんが、十分な説明をせずに、一方的に相続手続きを進めようとしました。 Aさんは「きちんと相続を行いたい」と思い、 […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

養母と養子間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例

●背景   父親(養父:叔父)が亡くなり、Aさんと母親(養母Bさん)が相続人となった事例です。父親の死亡時、Aさんは海外勤務をしていて、日本に帰り父親の遺産分割協議をすることができませんでした。Bさんが遺産分割調停を申し […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をした事例

●背景   Aさんの父親が亡くなり、遺産分割をすることになりましたが、長男(Bさん)と三男(Cさん)が結託して、Bさんに一方的な内容の遺産分割案をBさんに押しつけてきました。AさんはBさん及びCさんと何度か話し合いました […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

遺産分割協議書作成後に自宅の生前贈与を巡って調停申し立てがあり、弁護士が入り解決した事例

●背景   Aさんの母親が亡くなり、妹(Bさん)と弟(Cさん)の3人で遺産分割協議書を作成しました。Aさんは遺産分割が完了したと思っていたところ、4ヶ月ほどたった頃にBさんとCさんの二人から遺産分割協議書に含まれていない […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

母親の遺産分割で姉妹間の話し合いがつかず、弁護士が入り調停で解決した事例

●背景   Aさんには姉(Bさん)と妹(Cさん)がいました。姉が早く家を出たので、Aさんは家の跡取りとして位置づけられ、何かあるごとに実家に駆けつけ、様々な用事を手伝い家のために尽くしていました。   父親が亡くなった後 […]

詳しく見る

遺産分割(調停)

弟による母親の資産管理に納得がゆかず、弁護士に委任して調停で遺産分割をした事例

●背景   Aさんには姉(Bさん)と弟(Cさん)がいました。寝たきりの母親は施設に入っており、財産管理はCさんがしていました。Aさんは、BさんやCさんの母親に対する介護や財産管理について納得が行かないことが多く、自分が責 […]

詳しく見る

遺産分割(交渉)

独身で死亡した妹の遺産分割を、弁護士が入り兄弟間で円満に解決した事例

●背景   独身で一人暮らしをしていたAさんの妹さん(Bさん)が亡くなり相続が発生しました。普段はあまり付き合いがなかったのですが、妹さんの健康状態が悪くなり入院が必要となったころから、Aさんは兄として入院手続きの援助や […]

詳しく見る

遺産分割(交渉)

再婚した父親の遺産相続を、弁護士が入り円満に解決した事例

●背景   Aさんらの父親が亡くなり相続が発生しました。父親は妻の死亡後再婚し入籍した子供もいて、Aさんらとは普段の付き合いは殆どなくなっていました。     父親はメモを残していて、不動産の相続人や子供たちへ […]

詳しく見る

遺産分割(交渉)

弁護士が、存在が判明した前妻の子供と交渉。満足できる遺産分割協議書を作成した事例

●背景   Aさんは父親が死亡したので母と共に相続手続きをしようとしたところ、父には前妻との子供が3人いることを知りました。     Aさんはそれまで父に前妻との間に子供がいることを全く知らず、当然面識もありま […]

詳しく見る

遺産分割(交渉)

母親の遺産相続で、兄の代理人として弁護士が妹と交渉し、遺産分割が完了した事例

●背景    母親が死亡し、兄(Aさん)と妹(Bさん)で遺産を分割しようとしましたが、財産の内容や分け方について冷静な話し合いができず、しばらく交渉が中断して、遺産分割ができないままになっていました。 &nbs […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする