奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

解決事例

成年後見

高齢で認知症の男性の成年後見人に就任。適正に財産管理を執行している事例

●背景

  高齢の父親(Aさん)が認知症になり、判断能力がなくなりました。それに乗じて、近所に住んでいる次女(Bさん)が、父の財産を使い込むおそれがあり、長女(Cさん)が当事務所の弁護士に相談に来られました。

 

●弁護士の関わり

  Cさんの委任を受けて、弁護士は家庭裁判所に成年後見の申立てを行いました。Aさんの財産が使い込まれる恐れがあったため、緊急の対策として財産の保全手続きも行いました。

家庭裁判所から成年後見人(弁護士)が選任され、現在は成年後見人が適正に財産管理をしています。

 

●弁護士の所感

  親の判断能力がなくなったときに、家族や親族がその財産を流用したり、使い込んだりすることがあります。このような時には、成年後見人を選任して財産を保全することが重要です。

  申立てにより、家庭裁判所から適切な成年後見人が選任され、財産管理にあたります。

その他の解決事例

成年後見

事故で植物状態になった女性の成年後見人の監督人として、損害賠償金の管理を執行した事例

●背景   30代の女性(Aさん)が事故にあって植物状態となり、高額の損害賠償金を受け取りました。Aさんの家族が成年後見人になって、Aさんの財産の管理をしていました。   ●弁護士の関わり   Aさんの財産が高 […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする