奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

解決事例

成年後見

事故で植物状態になった女性の成年後見人の監督人として、損害賠償金の管理を執行した事例

●背景

  30代の女性(Aさん)が事故にあって植物状態となり、高額の損害賠償金を受け取りました。Aさんの家族が成年後見人になって、Aさんの財産の管理をしていました。

 

●弁護士の関わり

  Aさんの財産が高額であることから、裁判所が成年後見人を監督する必要があると判断し、弁護士を成年後見人の監督人に選任しました。

  弁護士は、定期的に成年後見人から収支の報告を受けてチェックし、女性が亡くなるまで、適切な財産管理をしました。 

 

●弁護士の考察

  選任された成年後見人が、適切に被後見人の財産を管理することは重要です。家庭裁判所は、必要と判断すれば成年後見人の活動をチェックする監督人を選定します。

 監督人選定の申し立ては、家族からでも可能です。

その他の解決事例

成年後見

高齢で認知症の男性の成年後見人に就任。適正に財産管理を執行している事例

●背景   高齢の父親(Aさん)が認知症になり、判断能力がなくなりました。それに乗じて、近所に住んでいる次女(Bさん)が、父の財産を使い込むおそれがあり、長女(Cさん)が当事務所の弁護士に相談に来られました。 &nbsp […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする