奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

解決事例

遺言書作成

自分の相続については揉め事をなくそうとして、公正証書による遺言を作成した事例

●背景

  Aさんには3人の子供がいましたが、介護を受ける状態になられ、先のことを考えて公正証書によって遺言を残そうと考えられました。ご自身は、子供がいなかった姉の遺産相続を巡って兄弟、親族の間での調停を経験されていました。この時、姉の自筆の遺言はありましたが、調停の結果は姉の意向が100%反映されたとは言い難いものでした。このことから、Aさんは、ご自身の遺産分割を巡って、子供達の間で争い事になること防ぎたいと思われました

  Aさんは当事務所のホームページを見てご相談に来られました。Aさんは、自分の介護をしてくれている長男に家を残したいという希望もお持ちでしたので、弁護士は公正証書による遺言をお勧めし、Aさんはこの件を弁護士に委任されました。公正証書による遺言は法的な拘束力を強く持つものであり、遺言者の意志が明確に示されます。

 

●弁護士の関わり

  弁護士は、Aさんの財産を細かく調査し、Aさんと相談しながら遺言の文案を作成しました。できあがった案を元に、公証役場で遺言公正証書を作成しました

  遺言の執行者には、公正証書の中で、当事務所の弁護士が指名され弁護士は公正証書の原本を預かりました。

 

●弁護士の所感

  Aさんは自分の経験から、ご自身の相続を巡っての争いを未然に防止したいと、強く希望されていました。公正証書による遺言は効力が強く、自分の意向を明確に示し、相続に絡む争い事をあらかじめ防ぐのに有効です。遺言の執行者をあらかじめ指名しておくことも、相続手続きをスムーズに行うのに有効です。

  Aさんは、遺言作成の2年後に亡くなられましたが、弁護士がこの遺言公正証書に基づいて、遺産分割を執行し、大きなトラブルはありませんでした

  最近は、遺産を巡っての兄弟・親族間での争いが多く見受けられますが、身内同士の争いは極力避けたいものです。自分の遺産を巡っての骨肉の争いを防ぐためにどのようにしたらよいのか、御自身の遺産の相続について心配事があれば、まずは弁護士にご相談されることをお勧め致します

その他の解決事例

遺言書作成

法定相続人がいないので、公正証書遺言を作成、本人の死亡後に弁護士が遺言執行をした事例

●背景   Aさんは配偶者や子供がなく老人介護施設で暮らしておられました。健康面に不安があったのですが、直系の相続人がいないので遠い親戚にあたる複数の人に世話になっていました。Aさんは、お世話になっている方々に財産を遺贈 […]

詳しく見る

遺言書作成

不治の病を自覚して公正証書遺言を作成し、遺産相続での混乱や争いを防止しようとした事例

●背景   Aさんは病気で入院し、余命が長くないことを自覚されました。Aさんには娘が二人(Bさん、Cさん)いて、Cさん家族と同居しています。Bさんは結婚して家を出ていますが、これまでに事業の費用や土地の購入、生活費などで […]

詳しく見る

遺言書作成

苦労した娘に全財産を遺贈する内容の公正証書遺言を弁護士と共に作成した事例

●背景   Aさんは妻の死亡後に再婚しました。再婚した妻はAさんの財産の1/2の権利を主張するようになりました。Aさんとしては、現在居住している土地・建物や年金・預金などは先妻と娘さんと苦労して築きあげたものなので、自分 […]

詳しく見る

遺言書作成

遺産を巡って子供達の間に争いが起こらぬよう、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

●背景   Aさんには子供が二人いて、長男夫婦と同居していました。娘は結婚していて別に生活していました。Aさんは、妻の死亡後に自分を引き取ってよく世話をしてくれている長男夫婦(Bさん夫婦)に多めに遺産を相続させたいと思い […]

詳しく見る

遺言書作成

世話をしてくれている親族に遺産を相続させたいので、弁護士と共に公正証書遺言を作成した事例

●背景   Aさんは夫にも子供にも先立たれ、一人暮らしをしていましたが、病気がちで姪(Bさん)に身の回りの世話をして貰っていました。体調を崩して入院したあと介護施設に入所したAさんは、面倒をみて貰ったBさんに自分の財産を […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする