奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

相続Q&A

亡くなった人と愛人との間の「子」は相続人になれますか?

内容

亡くなった人が、愛人の子を認知していれば、法律上の親子関係がありますので、相続人になれます。ただし、妻の子がいれば、その子は「嫡出子」、愛人の子は「非嫡出子」となり、民法では法律上の相続分が嫡出子の半分とされていました。

もっとも、愛人の子にとっては、このような差別は全く生まれながらの身分での差別であるから、平成25年9月4日に最高裁で、この民法の規定は法の下の平等に反するとして、この民法の規定が憲法違反という判決が出ました。その後、民法は改正されました。

したがって、現在は、愛人の子であっても、妻の子と同じ相続分の主張ができるようになっています。

そのほかのQ&Aはこちら

相続はいつ開始しますか?

どのような人が相続人になるのですか?

おなかにいる子供(胎児)に相続権はあるのでしょうか。

遺産分割とはどのようなものですか?

  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする