奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

相続Q&A

遺産分割とはどのようなものですか?

内容

相続が発生すると、相続人は遺産について法定相続分を持つことになります。しかし、これは法律上の権利というだけで、相続人で、遺産をどう分けるか決定しなければ、実際に遺産を引き継ぐことはできません。そこで、相続人全員で「遺産分割」をすることになります。

不動産、銀行預金、株式、投資信託など、遺産ごとに誰がどのように引き継ぐかを決めていきます。

遺産分割は、相続人全員でしなければなりません。一人でも反対するとできません。

したがって、話し合いがまとまらなければ、裁判所で遺産分割の調停をすることになります。調停では、調停委員が間に入り、各相続人の意見を聞き、話し合いをまとめるために進めていきます。それでも話し合いがつかず、調停が不成立となると、最終的には裁判所が遺産分割の審判を出して、誰が何を相続するか決定します。

そのほかのQ&Aはこちら

相続はいつ開始しますか?

どのような人が相続人になるのですか?

亡くなった人と愛人との間の「子」は相続人になれますか?

おなかにいる子供(胎児)に相続権はあるのでしょうか。

  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする