奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

相続Q&A

どのような人が相続人になりますか?

内容

相続人となる人は、民法で決まっています。法律上の相続人を「法定相続人」といいます。

亡くなった人に配偶者(妻または夫)がいれば、その人は必ず相続人です。

その他に、子がいれば、子と半分ずつ相続分があります。子が数人いれば、半分をさらに頭割します。「子」には養子も含みます。

子がいなければ、亡くなった人の親が相続人となります。ただし、相続分は3分の1、配偶者は3分の2です。

親もいなければ、亡くなった人の兄弟姉妹が相続人となります。ただし、相続分は4分の1,配偶者は4分の3です。

相続人は、法律上決まっていますので、遺言がない限り、それを無視して相続を進めることはできません

そのほかのQ&Aはこちら

相続はいつ開始しますか?

亡くなった人と愛人との間の「子」は相続人になれますか?

おなかにいる子供(胎児)に相続権はあるのでしょうか。

遺産分割とはどのようなものですか?

  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする