奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

39 単純承認とは

39 単純承認とは

 

 単純承認とは、相続が発生した場合、被相続人の遺産も債務もすべて承継することを認めることをいいます。

 単純承認には、手続きや方式はなく、家庭裁判所へ申述する必要はありません。

 ただ、一定の事由があれば、単純承認があったとみなされます。これを「法定単純承認」といいます。

 例えば、相続人が相続財産を処分」(売却や取り壊ししたり、預貯金を使ったような場合です。ただし、相続財産の預金から葬儀費用を支出することは「処分」にはあたりません。

 また、相続人が相続放棄や限定承認をしないまま、3ヶ月の熟慮期間が経過すると、単純承認をしたとみなされます。

 さらに、相続人が相続財産の全部または一部を隠匿したり、私にこれを費消したような場合も、仮に相続人が相続放棄や限定承認の手続きをしていたとしても、このような背信行為をした時は一種の制裁として、単純承認をしたと扱われます。

 相続人は、相続を放棄するのか単純承認するのか、限定承認するのか、相続の方針が決まるまでは、むやみに預貯金を費消したり、相続財産を売却することは慎むべきでしょう。

その他のコラム

40  戸籍収集と相続人調査

詳しく見る

41  戸籍について

詳しく見る

38 3ヶ月を経過した相続放棄

詳しく見る

37 相続方法が決定できない場合

詳しく見る

36 借金の相続放棄は要注意

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする