奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

解決事例

遺産分割(裁判)

相続人が遺言書を無視したので、弁護士が裁判により遺贈を受けた兄弟姉妹の権利を守った事例

●背景

  女性が、2億円を超える資産を持っていましたが、病気で死亡しました。女性は、兄弟姉妹(法定相続人ではない)へそれぞれ200~300万円ずつを遺贈する内容の自筆の遺言書を残していました。

  しかし、女性の子2人(相続人)が遺言書を無視して、自分たちだけで遺産分割を行ってしまいました。そのため、兄弟姉妹から「納得できない。」として弁護士に相談がありました。

 

  弁護士と相談の後、兄弟姉妹はこの件の解決を弁護士に委任されました。

 

●弁護士の関わり

  委任を受けた弁護士は、兄弟姉妹を代理して「不当利得返還請求」裁判を起こしました。

  裁判では、遺言書は本人が作成したものであることが問題なく認められ、その結果、遺言書とほぼ同じ内容で和解が成立しました。

 

●弁護士の所感

  血縁関係があっても、普段の付き合いがないと遺産分割のような微妙な問題を正面から話し合うのが困難な場合があります。この案件のように、すでに当事者同士の感情的な対立が激しくなっている場合は、とても話し合いができません。弁護士が入ってきちんとした手順を踏んで裁判をしたことで、委任者は主張を通して無事にお金を受け取ることができました。

その他の解決事例

遺産分割(裁判)

父親の相続財産はないと主張する義母に対し、裁判に訴え財産分与を取得した事例

●背景   Aさんの父親が亡くなりましたが、遺言書はなく、別居していたAさんには父親の財産は不明でした。Aさんの実母はすでに死亡していて、父親の再婚相手である義理の母親(Bさん)は父親の財産はないと主張し、遺産分割に応じ […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする