調停、審判、遺言による名義変更 |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

調停、審判、遺言による名義変更

調停、審判、遺言による名義変更

 

 調停手続きで相続が決着した場合は、最後に調停調書が作成されます。また、審判手続きまでいくと、裁判所で審判書が作成され、その後確定します。

 この場合、調停調書や審判書でもって、各相続手続きを行うことができ、相続人間で改めて遺産分割協議書を作成する必要はありません。

 遺言書がある場合、公正証書遺言の場合は、遺言書執行者がいれば、遺言執行者が遺言書でもって相続手続きを行うことができます。

 自筆証書遺言の場合は、裁判所の検認手続きを経て、遺言執行者が遺言書でもって相続手続きを行うことができます。遺言執行者が定められていなければ、家庭裁判所へ遺言執行者の選任を申し立てた上で、選任された遺言執行者が相続手続きを行うことになります。

 いずれの方法も、遺産分割を経ることなく相続手続きを行うことができます。

その他のコラム

遺言書を作りたいけれどどうすれば?遺言書を作成する前に知っておくべきこと【弁護士が答える!】

詳しく見る

配偶者居住権の新設(平成30年民法改正)

詳しく見る

自筆証書遺言の方式の緩和(平成30年民法改正)

詳しく見る

平成30年の相続法の改正

詳しく見る

相続税における延滞税加算税

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする