奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

41  戸籍について

41  戸籍について

 

 相続が発生すると、相続人を確認するため、戸籍の収集をすることになります。被相続人の出生から死亡まで、すべての戸籍を収集することになります。そして、相続人に該当する者が出てこないか調査します。具体的には、被相続人の配偶者、子(非嫡出子も含む)、父母、兄弟姉妹などです。

 相続人であれば、被相続人の戸籍を取得することができます。被相続人の本籍地の市役所へ戸籍の請求をします。本籍地を変えていた場合は、以前の本籍地へも戸籍の請求をする必要があります。

 なお、大正時代など、あまりに古い時代の戸籍については、すでに廃棄処分をされていて、取得できないこともあります。そのような場合は、市役所でそのような廃棄処分をした証明をしてもらうことになります。

 戸籍は、古いものは縦書きで、馴れていないと見方は難しいことがあります。しかも古い時代のものは文字が手書きなので、非常に読みづらい時もあります。

 そのため、相続人調査について弁護士に依頼してやってもらうことも選択肢です。

その他のコラム

40  戸籍収集と相続人調査

詳しく見る

39 単純承認とは

詳しく見る

38 3ヶ月を経過した相続放棄

詳しく見る

37 相続方法が決定できない場合

詳しく見る

36 借金の相続放棄は要注意

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする