相続放棄とは(令和3年民法改正含む) |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

相続放棄とは(令和3年民法改正含む)

相続放棄とは(令和3年民法改正含む)

 

 相続は、銀行預金や不動産など、プラスの財産もあるかわりに、借金というマイナスの財産がある場合もあります。死亡した人が会社の代表者である場合は、会社の債務を連帯保証している場合も多いです。相続後、初めて死亡した親の借金の存在を知って、驚くこともあります。

相続は、プラス財産もマイナス財産もすべて引き継ぐものであるため、債務も相続人が相続割合に従って相続します。

 マイナスの財産の方が多く、相続人がこれを相続したくない場合、相続放棄の手続きができます。放棄をすれば、プラス財産もマイナス財産も相続しないことになります。

放棄は、死亡から3ヶ月の熟慮期間内家庭裁判所へ申立を行う必要があります。財産の内容がわからず、放棄するか少し見極めたい場合は、家裁に申請すれば、3ヶ月の熟慮期間を延長してもらえます。

 このように、マイナスの財産が多い場合は、相続放棄をして、すべての責任から免れる方法があります。

ただし、令和3年の民法改正により、相続放棄をした場合であっても、相続財産を現に占有している場合は、その相続財産を清算人に引き渡すまでの間は、一定の管理義務自己の財産と同一の注意義務)を負うことが、明確に規定されました。したがって、相続放棄をして責任を免れるためには、相続財産の占有はしてはいけないことになります。

その他のコラム

3ヶ月を経過した相続放棄

詳しく見る

相続方法が決定できない場合

詳しく見る

借金の相続放棄は要注意

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする