相続関係説明図の作成 |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

相続関係説明図の作成

相続関係説明図の作成

 

 相続人を確認するため、戸籍の収集をすると、次に相続関係説明図を作成することになります。被相続人の配偶者、子(非嫡出子も含む)、父母、兄弟姉妹など、すべてを含んだ家族関係図です。

 この相続関係説明図を作成するには、戸籍を正確に読み解く必要があります。戸籍に出てくる人物をたんねんに負い、相続人となる人を抽出していきます。場合によっては、驚くべき家族関係図ができあがる時もあります。

 家族関係が複雑な場合、相続関係説明図の作成は非常に難しく、戸籍を読むことに馴れている人でないとできません。

 弁護士事務所であれば、そのような作業は非常に馴れているので、さほど時間をかけることなく作業を行うことができます。

その他のコラム

遺言書を作りたいけれどどうすれば?遺言書を作成する前に知っておくべきこと【弁護士が答える!】

詳しく見る

配偶者居住権の新設(平成30年民法改正)

詳しく見る

自筆証書遺言の方式の緩和(平成30年民法改正)

詳しく見る

平成30年の相続法の改正

詳しく見る

相続税における延滞税加算税

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする