相続財産の調査とは |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

相続財産の調査とは

相続財産の調査とは

 

 相続が発生すると、相続の対象となる相続財産の調査を行う必要があります。相続財産とは、被相続人の遺産で遺産分割の対象となる財産のことをいい、預貯金、現金、不動産、株式や投資信託などの有価証券、債権など、被相続人の名義の財産は相続財産となります。

 また、例えば孫の名義で預貯金や株式を保有し、資金はすべて被相続人が負担している場合も、借名の財産として、相続財産の対象となります。

 また、収益物件については、日々発生する賃料収入経費も遺産分割をする際に考える必要があります。

 遺産分割協議をする前提として、相続財産の内容を調査して正確に評価する作業は非常に重要になります。通帳があれば、通帳をもとに預貯金の金額を確認しますが、ない場合は銀行に問い合わせて残高証明書を発行してもらう必要があります。

 また、不動産については、相続発生時に実勢価格を調査する必要があるので、不動産業者などに査定を依頼して時価を算定する必要があります。

 相続財産が複雑な場合は、専門家である弁護士や税理士に調査や評価を依頼する方がよいでしょう。

その他のコラム

遺言書を作りたいけれどどうすれば?遺言書を作成する前に知っておくべきこと【弁護士が答える!】

詳しく見る

配偶者居住権の新設(平成30年民法改正)

詳しく見る

自筆証書遺言の方式の緩和(平成30年民法改正)

詳しく見る

平成30年の相続法の改正

詳しく見る

相続税における延滞税加算税

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする