相続税における延滞税加算税 |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

相続税における延滞税加算税

相続税における延滞税加算税

 

 相続税は、相続税申告書の提出期限までに申告書を提出し、税額を納付する必要があります。

期限までに納付しなかった場合は、送れた期間に応じて本税とともに延滞税を納付する必要があります。延滞税は、納期限の翌日から2ヶ月以内は本税に対して年率7.3%の割合ですが、2ヶ月を経過した後の延滞税は年率14.6%になります。

このように、相続税の申告期限を経過すると、厳しいペナルティが科されるため、何としても申告期限までに遺産分割を終わらせて申告をする必要があります。

もし、申告期限までに遺産分割が間に合わない場合は、とりあえず遺産は未分割という前提で各相続人は法定相続割合で期限内に申告をし、後から遺産分割で実際に決まった内容に沿って修正申告をすることになります。

 

その他のコラム

遺言書を作りたいけれどどうすれば?遺言書を作成する前に知っておくべきこと【弁護士が答える!】

詳しく見る

配偶者居住権の新設(平成30年民法改正)

詳しく見る

自筆証書遺言の方式の緩和(平成30年民法改正)

詳しく見る

平成30年の相続法の改正

詳しく見る

物納による納税

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする