特別受益とは |高の原法律事務所相続専門サイト

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

コラム

特別受益とは

特別受益とは

 

 被相続人が特定の相続人にだけ、財産を生前贈与していることがあります。このような場合、生前贈与を受けた人は、本来遺産として相続対象となる財産を先取りしていることから、「特別受益」を受けていると考えます。特別受益は、相続財産に持ち戻してから、遺産分割を考えます。生前贈与を受けていれば、その分先にもらっているので、相続分としては少なくなるのは当然です。

 生前贈与について、子供の時の学費や習い事費用であれば、生活に必要な当然の費用として「特別受益」とまではなりませんが、結婚したときの100万円単位の持参金や自宅購入時に援助してもらった頭金などは、「特別受益」となります。

 どこまでが「特別受益」となるかでもめることがありますが、ある程度大きい財産の移動が必要となるでしょう。

 このように、「特別受益」と認められる場合は、その分を合計した財産が相続財産となります。このように、特別受益を持ち戻したものを「みなし相続財産」といいます。

その他のコラム

遺言書を作りたいけれどどうすれば?遺言書を作成する前に知っておくべきこと【弁護士が答える!】

詳しく見る

配偶者居住権の新設(平成30年民法改正)

詳しく見る

自筆証書遺言の方式の緩和(平成30年民法改正)

詳しく見る

平成30年の相続法の改正

詳しく見る

相続税における延滞税加算税

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする