公正証書遺言で、既に死亡している長男の遺留分が侵害されていたので、その子供が遺留分を請求した事例 | 奈良の相続・遺産分割に強い弁護士

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

相続解決事例一覧

相続

公正証書遺言で、既に死亡している長男の遺留分が侵害されていたので、その子供が遺留分を請求した事例

背景 Aさんの祖父であるBさんが亡くなりました。Aさんの父親は既に死亡していたので、Bさんの孫であるAさんが代襲相続で相続人になっていましたが、Aさんには相続についての連絡はありませんでした。 Aさんは不審に思い調査した […]

詳しく見る

相続

父親の相続で異母兄がいることが判明、弁護士が入り交渉で遺産相続を円満に完了させた事例

背景 Aさんの父親のBさんが亡くなったので相続の手続きをしようとされました。Bさんの相続人を確定するために原戸籍を確認すると、亡くなったBさんには前妻との間に子供が一人いて、Aさんには異母兄となるCさんがいることがわかり […]

詳しく見る

相続

子供のいない兄が死亡したが、兄嫁が遺産を独り占めしようとしたので、遺産分割調停申立をした事例

背景 Aさんの兄弟は兄が一人で、両親は亡くなっていました。Aさんの兄のBさんは病気でしたが、Bさんは母親の逝去の4か月後に亡くなりました。 Bさんの妻のCさんは、Bさんの病気に余り関心がなく、Bさんの治療や療養に積極的に […]

詳しく見る

相続

遺産分割の実務を委任され、弁護士がすべての実務を代行した事例

●背景 Aさんの母親のBさんが亡くなり相続が発生しました。相続人はBさんの夫であるCさんとAさん、Aさんの姉のDさんの3人でした。 Cさんは相続を放棄したので、AさんとDさんが相続人になりました。遺言書はなかったので、A […]

詳しく見る

相続

自筆証書遺言の遺留分について異議があり、弁護士が遺言執行者に選任され遺言書を執行した事例

●背景 Aさんの父親が死亡し自筆証書遺言が残されていました。遺言書には妻であるBさんと長男のAさんに1/2ずつ相続させると書いてあり、その他のCさんとDさんには、要望があればそれぞれ財産の一部を相続させると書いてありまし […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする