奈良・京都府南部地域に密着

                       
  • 0742813677受付時間:平日9:00~18:00(土曜日応相談)
  • お問い合わせ

遺言書作成コラム一覧

遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは    相続が発生すると、相続人は遺産について法定相続分を持つことになります。 そして、具体的に相続人全員で、実際に誰がどのように遺産を引き継ぐかを話し合いすることになります。これを「遺産分割 […]

詳しく見る

公正証書のススメ

公正証書のススメ    遺言書は、公正証書で作成することができます。公証人が作成するため、あらかじめ資料を提出した上で厳格な手続きに沿って作成するため、自筆証書遺言のように誤って無効になることはありません。   […]

詳しく見る

遺言が取り消される場合

遺言が取り消される場合    遺言は、一度作成したとしても、遺言者はいつでも自由に撤回することができます。例えば、財産をあげる予定だった人に介護をしてもらう予定で遺言を作成したが、その後事情が変化して別の人にお […]

詳しく見る

遺言書の種類

遺言書の種類    遺言書には、通常の場合、自筆証書遺言、公正証書遺言と秘密証書遺言があります。  「自筆証書遺言」は、遺言者が遺言の内容の全文、日付、氏名をすべて自分で記載し、署名・押印するものです。ただし、 […]

詳しく見る

遺言執行者とは

遺言執行者とは    遺言書を作成し、不動産について特定の相続人に「相続させる」と記載した場合、相続が発生と同時にその相続人にその不動産は承継され、所有権が移ります。この場合、相続人は自ら相続登記の申請をするこ […]

詳しく見る

遺言書がない場合

遺言書がない場合    相続が発生し、遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議を行う必要があります。 相続は、人が死亡した時から始まります。実際には相続の話が出てくるのは、葬儀や49日が終わってからかもしれません。し […]

詳しく見る

遺言作成の留意点

遺言作成の留意点    遺言書を作成する際、まず遺言をできるだけの認知能力(遺言能力)が必要です。自分のどのような遺産を誰にどのように渡すか、ある程度認識していることが必要です。したがって、例えば認知症で相当判断能力がな […]

詳しく見る

弁護士を遺言執行者に指定しておくメリット

弁護士を遺言執行者に指定しておくメリット    遺言書には、遺言執行者を指定することができます。遺言執行者は、遺言を執行するために必要な一切の行為をすることができます。  遺言執行者には、相続人のほか、弁護士や […]

詳しく見る
  • 相続のご相談はこちらからお気軽にどうぞ
  • 0742813677 受付時間:平日 9:00~18:00
  • メールで相談予約をする